月弓記(つきゆみき)

~2013年生まれの息子とプリント学習大好き母の生活記録

2、4、6、8、、、ならぬ3、6、9、、、子供って面白い

息子と一緒にプリントをしておりました。点在する(整列していない)イラストの数を数える問題があり、答えは11とか13とかなんですが、半年くらい前から1、2、3、、、ではなくて2、4、6、、、と数えるようになってました。そして今日は突然、3×1=3、3×2=6、3×3=9、だって。ちゃんと3つずつグループにしていました。かけ算を使う意味も分かってるし、こんなところで3の段歌いだすなんて思ってなかったのですが、面白いです。
(九九の歌を頻繁にBGMにしているので唱えるというよりは歌う)

ただ、ね。うちの息子。2、4、6、、、でも3、6、9、、、でもそうなんですが、余った数をどうするかが曖昧なのです。総数11を数えるとして、3×3=9まではいいんですが、残り2を見て立ち尽くしてしまう、みたいな。余りは母と一緒に数えました。

きっと何かのシナプスがつながって知識となったとき、技を使ってみたくなるんですよね。今回の3の段のように。でもすべてを理解しているわけではないから、大人から見ると中途半端に見えてしまうのかと思います。少しずつ成長を見守りたいと思います。

いくつ?
f:id:kabokabo2:20180911170832p:plain
上の画像は本文のプリントは無関係です。
https://www.education.com/worksheet/article/count-the-fruit-3/


www.youtube.com


(9/18追記)
ついに4の段数えも始めました。
20個あるものを
しいちがし、しにがはち~♪
と歌いながらつないでいました。
5の段の方がわかりやすいきもするけれど、、、。母は余分なことを言わず、引き続き見守り。