月弓記(つきゆみき)

~2013年生まれの息子とプリント学習大好き母の生活記録

フラッシュ映像の作り方

幼児にフラッシュ映像での学習については賛否両論だと思いますが、私は使い方次第で有用なツールになると思っています。サブリミナル効果という言葉があるくらいですから。うちでも1日に1~2本(数分)、合間に目を休める、ということに注意してフラッシュ映像を使っています。ベッドで絵本の前にスマホで見てます。
現在のところ映像は公文の英語と英単語で、音声は無し。母がその場で喋ってます。

公文の英語のフラッシュ映像なんてあったけ?と仰る方、無いですよ、母の手作りです。

というわけでこの記事はフラッシュ映像の作成方法なんですが、パソコンでパワーポイントを扱える(パワーポイントソフトがある、ちょっとした操作ができる)ことが前提です。万人向けでなくてすみません。ページ最後のリンクはpdfなので、カードだけでもという方がいらっしゃればどうぞ。

「パワーポイントでフラッシュ動画を作成する」

①とりあえずコンテンツを作成(個人用なので画像は好きなものを思い切り使うべし笑)
 例1:1枚目画像、2枚目単語、3枚目画像、4枚目単語
 例2:1枚目計算問題、2枚目答え、3枚目計算問題、4枚目答え
 例3:数をかえたドッツ
 例4:公文の文章を1文ずつ

②パワーポイントのメニューから[ファイル]-[エクスポート]-[ビデオの作成]

f:id:kabokabo2:20181001134526p:plain

           ・プレゼンテーション品質⇒お任せですが「低品質」で十分です。
 ・記録されたタイミングとナレーションを使用しない⇒変更不要。そのままで。
 ・各スライドの所要時間(秒):画面切り替え時間です。用途に応じて設定して下さい
   (参考)
   パパパッと画像が切り替わって、右脳に記憶するような動画なら0.2秒
   英単語を読み上げていくなら0.5秒
   
③ビデオを作成ボタンを押下
「名前を付けて保存」画面の[ファイルの種類]はwmvよりmp4のほうがメディアを選ばないで利用できます。

注意:Powerpoint2013はバグなのかスライドの切り替え時間が早くなったり遅くなったりすることがあります。


とても簡単です。


おまけ
○フリーのフラッシュカードパワーポイント(英語)
https://www.figur8.net/resources/flashcards/reading-flashcards/
単語と画像が1ページおきのフラッシュカード
中央から下のリンクをクリックするとダウンロードが始まる(ブラウザの設定によって違うかも)
うちではこちらをフラッシュ映像化して利用しています。

https://www.mes-english.com/flashcards.php
単語と画像が一緒に書かれているフラッシュカード
左のメニューをクリックするとメニューに応じたページが表示されるので、PowerPointアイコンをクリックしてダウンロードする


○カードとして使える!
フラッシュカード作成サイトのサンプル(英語)
http://flashcard.online/category/best-flashcards/
種類も多いし、使われている画像もきれいだし、すべてのカードサイズがそろっているし、自宅で切り取ってカードにするにはとてもよいと思います。こちらのサイトはカードを作れるのですが、残念ながら日本語対応してません。

↓公文のD教材で作成したフラッシュ映像(1画像0.5秒、アニメーションgif化)
f:id:kabokabo2:20181001131338g:plain