月弓記(つきゆみき)

~2013年生まれの息子とプリント学習大好き母の生活記録

息子の弱点発見「空間知覚力-欠所補完」プリント

七田小学生プリント4日目。
「右脳」で歯が立たない問題が!!! これです。

f:id:kabokabo2:20181130113849p:plain
牛の穴埋め

上の絵のア~ウに下のピース①~⑧のどれを入れたらいいか答える問題

息子の答え
ア:⑤
イ:③
ウ:⑦

最初はふざけてるのかと思いました。でも本当にできないみたい。
仕方ないので、ア~ウに直接こんな感じだよね~、と絵を描いたのですが、それでもできませんでした。

息子のほうから

「切り取ってやってみよう」

と言い出したので、各ピースに①とか②とか書いたうえで(番号と上下がわかるようにするため)切り取ってパズルにしました。それでもひとつひとつ全部あてはめ、回転までさせて、

「合わない、合わない、、、合ったー」

なんて感じです。

問題文の上に「空間知覚力-欠所補完」と書いてます。この問題の分類ですね。なるほど、これが弱点か。

欠所補完って脳の中では勝手にしてると思うのです。息子も一部欠けてる牛を見て牛ってわかるわけだし。きっと問題慣れしていないだけだと思うので、じっくり見守ろうかと思います。

いやー、それにしても簡単な問題だと思っていただけにびっくりしました。
大人が難しいと思っていてもさっとできてしまったり、逆に簡単だと思っていても時間がかかったり、わが子であっても読めないことがたくさんありますね。