月弓記(つきゆみき)

~2013年生まれの息子とプリント学習大好き母の生活記録

トイサブ!プラス 2回目

トイサブ1回目は届いたことを報告しましたが
https://www.tsukiyumi.com/entry/20181213/1544667419
その後については記載していませんでした。

1回目に届いたのは
□ Gears! Gears! Gears! Movin' Monkeys Building Set
□ ETI Toys-92 Piece Educational Construction Engineering Building
Blocks Set for 3, 4 and 5+ Year Old Boys & Girls. Pure
□ GeoSafari Jr
□ LeapStart™ (Pre-Kindergarten)
□ Leapstart Level 1Bundle With Alphabet Shapes

LeapStartは一緒にやってみて、英語なんてわかるわけない、と怒ってしまった息子。
Gears!はボーネルンドの類似品がうちにあって、あまり触っていない状況なので、こちらも触らず。
ブロックには見向きもせず、と散々でした。
f:id:kabokabo2:20190509134039j:plainf:id:kabokabo2:20190509134409j:plain

結局最初に気に入った顕微鏡だけずっと出しっぱなしになっておりました。
アンケートにもその通りに記載させていただき、2回目に送っていただいたのが、下記です。

・今月は下記のおもちゃを送付いたしました。
□ ボットリー コーディングロボット アクティビティセット
□ STEM Force Motion Activity Set
□ ドリルでデザイン アクティビティセンター
□ Marble Run Starter Set - 60

母が気になっていたおもちゃが多く驚きです!

プログラミング教材 コーディングロボット ボットリー アクティビティセット

プログラミング教材 コーディングロボット ボットリー アクティビティセット

⇒幼児向けのプログラミングロボットは、命令した通り前後左右に動かすこととがそんなにプログラミングに対して優位になる感じがせず、またロボットができることが少なく、母としては不要と思ってました。しかしどのロボットも宣伝はすごく、使ってる方は少なく、実際にお試しくらいはしてみたいな、と思っていました。この機会にしっかりお試ししようじゃないか!!!

ラーニングリソーシーズ STEMシリーズ 実験!  動きとちからのしくみ LNR2822

ラーニングリソーシーズ STEMシリーズ 実験! 動きとちからのしくみ LNR2822

実験にぴったり、とどなたかのブログで拝見しましたが、高いなーと思ってたのです。見た瞬間ゲットだー、と母の心の声。

ドリルでデザイン アクティビティセンター 工作

ドリルでデザイン アクティビティセンター 工作

これは知らなかった。でも自分では買わないだろうおもちゃだったので良かったです。

Marble Genius Marble Run Starter Set - 60 Translucent Marbulous Pieces + 10

Marble Genius Marble Run Starter Set - 60 Translucent Marbulous Pieces + 10

キュボロ系(って言っていいのか)ですね。キュボロと違ってビー玉がどこに転がるかが容易に想像できますけど。これも自分では買わないと思われるので、よかったと思います。

さてGWもあり全てお試ししました。その結果~、
1つずつと言われた息子が最初に箱から選んだのはこれです。

私からみるとただねじをグルグル回しているだけなのですが、面白かったようで結構長く使ってました。ただ片付けるときに、1つずつ外すのが面倒。結局母にまかせる、という結果になりました。
f:id:kabokabo2:20190509134326j:plain

続いて坂の実験でつながりマップを作成(まだつながりマップの記事書いてませんが)。これはおもちゃとして使わなかったけれど、坂を何度も車を転がしてました。難点はしょせんおもちゃなので、同等でなければならない青とオレンジの走行力(って言っていいのかな)が違いすぎて、同じ坂を滑らせても到達点が違ったりするので、比較しにくかったところかな。
写真、撮ってませんでしたのでサイトの写真。
f:id:kabokabo2:20190509134541j:plain

そしてビー玉ころがし。これ息子はとても楽しそうだったのですが、組み立てはすべて親。片付けも親。息子転がすだけ。なんかねー、親は残念な感じです。はじめから大作を作ってしまったから、小規模で転がして、だんだん大きくしていくっていう楽しみがわからなくなってしまってるね。
f:id:kabokabo2:20190509134618j:plain

そしてもう一つ、プログラミングロボット、こちらは私の失敗。息子は最初は楽しそうにしていたのです。数コマンド(前進とか右旋回とか)設定して実行をしてラジコンカーみたいに。慣れてきたな、と思った時にワーク用のシートを出してみて、このオレンジのシートからブルーのシートに移動してみて、と言ったとたん、そんなことやりたくない、とプイッ。ロボット遊びは終わったのでした。
f:id:kabokabo2:20190509134707j:plain

ビー玉+ロボットでご機嫌取り。
f:id:kabokabo2:20190509134801j:plain

息子は現在ウルトラマン遊びに夢中で、他のおもちゃには自分からは手を出しません。うまく打開できるといいなあと思っています。