月弓記(つきゆみき)

~2013年生まれの息子とプリント学習大好き母の生活記録

保育園年長の夏こそ原爆ドームにいくべし

先日広島の原爆ドームと資料館に行ってきました。最近は観光地どこに行ってもそうですが、外国人が多い。暑いなかですが、原爆ドームや記念公園内も多くの人がいましたし、資料館は激混みで、半分近くが外国人という印象をうけました。 そしていつもいく場所と明らかに違うのが、子供が圧倒的に少ない。楽しい場所ではないですから敬遠する親も多いのかと思います。私も精神的ダメージが大きいのでは、という恐れを抱きながらの観光でした。結果的には怖いと思う個所も多かったようですが、抱っこしてあげたり、足早に通ったりすることで、泣いてしまったり、夜眠れなくなる、といったことにはなりませんでした。

今回「保育園年長の夏」とタイトルに書かせていただきましたが、下記の理由からです。

・8/6前(「夏」とくくってしまいましたが)に行くと、訪問直後にテレビでも放映されて、「知っている場所だ」となる。
・8/6に先生が平和について語ってくれる可能性あり(保育園の方針もあると思うが)。年中以下だと、テーマ的に少し難しいかな、で「年長」。
・保育園以外の子供は夏休み中。保育園に行くからこそ、見てきたものを先生や友達に伝える機会が与えられる

ということで、短期間に繰り返し考える機会が生まれ、記憶にも定着するし、平和に対する考えも深まると思うのです。

今回見事に旅行→テレビ→保育園と考える機会が生まれ、幼児のうちから平和の大切さを認識してくれたと思います。

保育園年長がチャンスです!!!

f:id:kabokabo2:20190820134016j:plain